spc.dev のすべての投稿

ツーリズムEXPOジャパン2017に行ってきました!

先週土曜日に会社全員で「ツーリズムEXPOジャパン2017」に行ってきました。前回も皆で行きましたが、その時より入場者数は増えていたように感じました。計4日間ありますが、最初の2日間は平日で業界関係・行政の方のみ入場ができ、後の2日間は土・日でもあり、一般の方が入場できるようになっていました。我社は一般の方々がどんなものに興味を持つのか、どんな観光地に人は集まるのかなどを見たかったため、あえて土曜日に行きました。

海外エリアと日本国内エリアで分かれており、ビッグサイトのほぼ全フロアを使ってイベントが開催されていました。海外エリアの方では、さまざまな国の観光PRを見たり体験できます。各地の民族舞踊が披露されたり、民族衣装を着る体験やパフォーマンスが多かった印象があります。そして、私たちが気になるのは印刷物。日本の印刷物に比べて紙質などはそんなに種類はありません。そして型抜き加工やずらし製本などあまり見かけません。その代わり、金色や銀色のインクを使っていたり、分厚い製本だったり、厚紙を使っているのが特徴的です。

 

日本国内エリアの方では、全国各地の観光PRを見ることができます。各地の観光地の情報を得られることはもちろん、その土地の物産・工芸品の簡単な製作体験ができたり、スタンプラリーやご当地どんぶりを食べられたりできます。おもしろかったのは、アジア系の海外留学生らしきグループが、東北地方のブースで雪だるまに雪をぶつけるゲームを楽しんでやっていたことです。おそらく、彼らは雪を間近に見ることがなかったのか、かき氷の機械で作る雪玉を発砲スチロールの雪だるまにぶつけて、雪合戦みたいな経験ができることが珍しかったのでしょう。また、JR東日本のブースでは人間が入れる位のスノードームがあり、ドーム内の背景にその地の雪景色。そして、家族連れのお子さんに「どうぞご自由に入って写真とってくださいね」なんて声をかければ、子供のいる親はこぞって雪景色付き子供を撮る。そして知らない間に観光地のPR写真はスマホに記録されていくのです。どちらも「何ともうまい企画だ」と感心しました。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、パラスポーツパークというエリアがありました。パラリンピックのスポーツ競技が体験できました。

 

今回行ってみて感じたことは・・・

どこもインバウンド対応されている。VRで観光地巡りを体験するブースが多かった。観光ポスターやパンフレットが特に目立ったものがなかった。割とデザインが似ていると感じた。行政でスマホ対応の観光案内をしているところが少なかった。など。

 

 

 

前回に引き続き、たくさんの情報を得られました。そしてたくさん印刷物を集められました。

自論②【デザイナーとお客様の間にいる営業担当の腕の見せ所1】

印刷会社、デザイン会社、広告会社といった会社には制作担当(デザインを作る担当)と営業担当がいます。両方を兼任する会社も多くありますが、別の担当の場合、色々と気を付けなければならないことがあります。今回はデキル営業担当がどんなことに気を付けているかを書いてみたいと思います。

続きを読む 自論②【デザイナーとお客様の間にいる営業担当の腕の見せ所1】

川中島合戦開催!

4月16日(日)山梨県石和町で川中島合戦が開催されました。毎年武田信玄の軍と上杉謙信の軍に分かれた合戦絵巻が繰り広げられる盛大なお祭りです。今年も全国各地から多くの応募を頂き、申し込みスタートから数分で完売という人気ぶりで、参加者の方の熱意を感じます。

当日弊社は、参加者の記念撮影、そして会場にて戦いの風景を撮影するため、朝から総出で会場入りしました。午前中は武田側、上杉側それぞれが小学校で鎧姿に変装し各隊ごとに分かれリハーサルを行います。数年前までは歴女と言われる歴史が大好きな女性グループや、コスプレが好きな方が大勢参加していました。ここ何年かは外国の方の参加が多く、鎧を纏い、侍姿の自分をSNSにアップする方が多かったように感じます。

そこで、今年はfacebook用のパネルを作ってみました。

 (これは会社で試し撮りwww)

市役所の方とやってみよう!ということで、武田軍の準備会場、上杉軍の準備会場、そして合戦会場と3か所にパネルを用意してみました。外国の方々が最初は興味を持って撮っていましたが、やがて日本人の参加者の方もおもしろい顔で撮影しSNSにアップしていました。どうやら成功のようです!

来年からは秋に開催!

どんな川中島合戦になるか楽しみです。

 

 

4月1日から

2017年4月から施行される制度がいろいろありました。3月31日の夕方のニュースを何気なく見ていたら、明日から変わるものがいくつもあることを知り、自分があまりに知らな過ぎて焦りました。

・年金額の改定

・国民年金保険料の改定

・介護保険制度の改定

・パートタイム労働法の改正

・エコカー減税の導入

・給付型奨学金がはじまる

・都市ガス自由化

などなど、労務や税務に関わっている仕事をしているなら知っていなければならないことだらけです。詳しくは私も一つ一つ調べていこうと思います。

ところで、我社のある山梨県笛吹市も変化がありました。

「指定ゴミ収集袋による回収が義務づけられた」ことです。

なんだそんなことか・・・と思われるかもしれませんが、小さなことでもやはり積もり積もって大きなコストの差が出てくるものだと思います。

笛吹市の指定ゴミ袋は1枚30円 正直・・・「高!」と思いました。今まで100均で90枚入りの90L袋を買っていた我社としては、45Lで10枚入り300円は高すぎる!と思いましたが、ゴミを減らす動きが出てきそうなので良いことなのかと思ったりもしています。

今までプラも可燃も全て一緒に可燃として出していましたが、これからは細かく分別をして可燃ゴミを極力減らしていくことにしました。そこで、社員さんがこんなものを作ってくれました。

結構、売り物にできそうなくらいしっかり作れています(**)!

ハレパネで板に張り付けて見やすく設置されていました。さすが!

笛吹市には「ゴミカレンダー」というものがあり、これもうちで作成しました。各家庭に配布されゴミの分別を分かりやすく示しています。

これが、かなり細かくて、面倒ではありますが、習慣にしてしまえば、いわゆる可燃のゴミとして出すものはとても少なくなります。

新しい年度を迎え、気持ち新たに会社の習慣化に向けて頑張ってまいります。

桜の良さ、梅の良さ

東風吹かば にほひをこせよ 梅の花、主なしとて春を忘るな

という和歌が思い出されます。菅原道真の代表的な梅の歌です。日本人は梅より桜を愛でる方が多く、お花見といえば桜の満開の時期を予定するかと思います。ではなぜ日本人は桜が好きなのか、、、それは桜の花の儚さにあると言われています。桜は咲いて数日で散ってしまいます。特に桜が咲く頃は雨が降ったり、風が吹く時期でもあるので、散り際を嗜む人も少なくないと思います。それに比べ、梅の花は桜の花に比べ強く、もう少し長く咲いているそうです。

また、桜に比べ、梅の香は強く遠くからでも初春を感じさせてくれる香りです。先月、山梨県甲斐市にある「梅の里」へ行ってきました。梅花は満開で、彩り鮮やかに咲いていました。ほぼゆったりと時間を過ごしている年配の方が散歩しながら観賞していました。そんな折、上の歌を思い出しました。

簡単にこの和歌の説明をしますと、、、

菅原道真は幼少より神童と呼ばれるほど、文武で名を馳せ、低い身分の家だったにもかかわらず出世を成し遂げ右大臣となります。しかし左大臣の藤原時平の政略により冤罪で大宰府に左遷させられます。その際家族との別れも十分にできないまま京都を離れる際に詠った和歌が上の歌でした。

「東風(春に吹く少し寒さの混じった風)が吹いたら、香りを風にのせて大宰府まで送り届けてくれ梅の花よ。私(主)がいないからといって春を忘れてはならないよ」と庭先の梅に語りかけているようです。

この和歌から大宰府では厳しい生活を強いられつつも皇室や国の平安を誠実に祈っていた様子が伺えます。菅原道真の誠実な人間性を詠っているように感じます。

 

話は戻りますが、私が訪れた時「梅の里」の梅園では春霞が赤や白の梅にかかり幻想的な情景を作り出していました。また、オオイヌノフグリやホトケノザが咲いて春を足元からも演出してくれていました。

あまり目立つこともなく、凛として咲く梅の花に心を奪われた瞬間、きっと菅原道真の姿に重なったのかもしれません。ひっそりとお花見をしてみるのも心和む時間を作れるのではないでしょうか。

 

日本一早いお花見

山梨といえば桃・ぶどう・ワイン。その中で笛吹市は桃の花を愛でることができる「桃源郷」がこれからの時期現れます。おそらく多くの若者は桜と桃と梅の順番や花の形の違いが分からないと思います。(私も昔は曖昧でした(ーー;))

山梨はまず2月終わり頃から梅がちらほら咲き始め、その後気温が春らしく温かくなってくる3月下旬頃に桃の花と桜の花が咲き始めます。その後、桜は4月中旬頃に春風に乗って散っていきますが、桃源郷はちょうど見頃となります。

それに先立って、笛吹市石和では「ハウス桃宴のお花見」がスタートしました。ハウスで栽培する桃の花は毎年2月下旬に開花するので、県内の親子連れやカップルがランチを持ち寄ってお花見をしています。

   

弊社でも、来年のチラシ用に撮影に行き、ついでにお花見を堪能してきました。ハウスの中は25℃で温かく、子どもたちが元気よく走り回ってました。お母さんたちがお弁当を持ち寄ってランチを楽しんでいました。花は満開で、土曜日でしたが多くのお客様がいらっしゃいました。

 

心遣いの案内

よく感じること。役所や病院などいわゆる「書類の手続き」が難しいと感じてる人が世の中大勢いるのではないか?ということ。

今日、ある申請で訪れた場所にて。その申請を私は今まで何回もやっていたのでそれ程大変なことではないと感じていました。その申請は、今まで、各市町村の自治体が窓口になって手続き業務をしていたのですが、今年から外部委託を請け負った組合が窓口になって、しかも県内市町村のほぼ全てを請け負っているようなので、受付は大勢の人が待っている様子でした。建物に入るとすぐに「〇〇〇〇申請はこちら」という貼り紙が道順に貼られていたので誘導はスムーズにできているようでした。(たまに係員さんに連れられて来る人もいましたが、、、)そこからです。まず、入り口のドアが閉められており、横に何の説明もなく番号札が置かれていました。私は何となく「この札を取って待っていれば良いのかな?」と思って札を手に取りソファに座って待っていました。そこへ次々と申請に来た人たちが来て、そのままドアを開け中に入ろうとすると、部屋の中から「札を取って待っていてくださいね」という声が聞こえます。「はい・・・」と気まずそうにドアを閉めて周りの様子を伺いますが、番号札に気づきません。ようやく気付いたところで、札をどこから取っていったら良いのか分からずしばらく見つめます。そして少したって札を1枚とり空いたソファの席を探します。来た人来た人みなそんな動きをしていました。

人を立たせる余裕がないのなら、なぜ、細かな説明文を貼っておかないのか?申請者がどのように待っていてもらえると良いか頭でイメージすれば、おのずと必要な情報提供方法が見えてくるものではないのか?とつい考えてしまいます。

fa62f22105721a024fac653653cf0409_s 503882a9ece7aba5648a47568b554aa2_s

申請に来る方はだいたい年配の方。それは、入札や補助金など会社にとって重要な書類を扱うため、およそ管理職以上の役職か事務職(経営者の家族)などが申請に来ることが多いのです。会社の決算書や印鑑証明、納税証明などを提出することが多いからです。

なおのこと、適切に丁寧に手続きがスムーズに済む方法を考えなくてはいけないのではないかと思います。例えばネットにて情報公開したところで人は細かく読むことはあまりしません。申請会場にて紙面で段取りを書いて目の届く分かりやすいところに貼っておけば良いのです。

順番を待っている間、数人が電話をしていました。どうやら会社に電話をかけているようです。「今、申請に来てるんだけど、▲▲▲の書類も必要なんだって。」という会話は、その会社の方の見落としも考えられるのでしょうがないと感じつつ、また別の人は、「おい!ネットから書類をダウンロードしてから提出するんだってよ~」「今日もダメだった!また明日来ないと!」という会話に関しては受付側(組合側)に改善の余地があるのではと思いました。私もそうでしたが、初めての時はとにかく書いてある文章の内容を理解することができなくて、何度も聞きに行きました。また必要ない書類と思っていたら必要だったということもあり、会社と役所の往復を何度もしたことがありました。たしかに慣れるまで経験は必要ということも世の中あります。

しかし、給与の高い人たちの時間を搾取することはコストの面で良くないこと。各企業のコストを考えれば、もう少し丁寧に説明できる余裕があると良いなと思います。

医療、保険、税務、いろいろな場面で書類の手続きは必ずあります。その一つ一つを簡略化することも大事ですが、その前に、情報提供する方法、情報内容の整理、誰もが理解できる画像やイラストを使用する、記号や数字を使って段取りを作る、など手間がかかることに少し時間を使っておくと後々ラクになることが世の中多いのではないのかと思います。

 

春のお祭りのPRポスター

山梨県笛吹市の春のお祭りに「川中島合戦」があります。

今年は2017年4月16日(日)開催!です。

%e5%b7%9d%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e5%90%88%e6%88%a6

戦国時代に、甲斐の戦国大名である武田信玄と越後国の戦国大名である上杉謙信との間で、北信濃の支配権を巡って行われた合戦です。12年間に渡り、計5回もの戦いが繰り広げられたのです。「敵に塩を送る」の故事があるように、両者共に実力を認め合っていました。

「武田信玄」が戦国武将として名高いことは言うまでもなく、その強さを支えるものもまた、有名です。

・武田24将の優秀な家臣

・地元「甲斐国」を大事にしていた

・「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」人(家臣)を大事にしていた

・アイデア豊富で有能なトップリーダーだった

などなど経営者として学ぶべき師が地元の名将であったことはとても誇りと思います。

また、笛吹市桃源郷春まつりも開催!します。

期間は2017年3月26日(日)~4月23日(日)

%e6%a1%83%e6%ba%90%e9%83%b7

毎年、笛吹市一面に桃の花が咲き、山から見下ろす景色はまるでピンクのじゅうたんの上にいるかのようです。ちょうど3月頃梅から桃の花に移り変わり、やがて、川中島合戦が行われる頃には桜の花が咲き始めるので、花の移り香もまた楽しみの一つです。また、香りと共に、例えば菜の花の黄色と桃の花と青空のコントラストといった色の楽しみ方もあります。その中でのお花見はとても華やかで桜とまた違った風景を感じられることでしょう。

この桃源郷春まつりの期間、夜のライトアップや桃源郷マラソン、各地でのイベントなど笛吹市内でいろんな催し物がありますので、一度足を運んでいただければと思います。

実は、この「川中島合戦」と「桃源郷春まつり」のPRポスターのコンペで弊社のデザインが選ばれました。そこで、年末に石和温泉駅に掲載されました。年末年始に笛吹市にお越しになるお客様に春の祭りのPRができるように急いで作りました。

ポスターを連ねて掲載し、改札口を出てすぐに見渡せるようにしました。圧巻!インパクトのある見せ方ができて満足です!

img_1482 img_1478

今から中央線沿線、市内全域など皆さんにご覧いただく場所が増えていきます。

早く春便りが来ないかと待ちわびております。

餅つき

うちでは12月30日は必ず餅つきをしています。

まだ暗がりの朝早い時間から薪をくみ、火をおこします。前日までに用意しておいた餅米が焚きあがるのを待つ間、臼と杵を準備します。空が明るくなってくる頃、少しずつ炊き上がってくる美味しい香りと焚火の煙が混ざり、年末らしい空気に包まれます。

 

img_1445 img_1440

餅米が炊き上がり、いよいよ餅つき!うちは木臼ではなく石臼なので、力まかせに杵を振り上げてしまうと、たまに臼の口にぶつかり、杵の木くずが餅に入ってしまうというリスクを見守りながら「よいしょ~!」との掛け声に合わせて餅をついていきます。そして石臼なので餅が冷めやすいのでゆっくりとはしてられません!そして、杵は大きくて重い!最近はもっと手軽にできるように臼は口が広く、底が浅く、杵は細くて軽いものが多いそうです。しかし、うちは古くから受け継がれているもので経験と力が必要になります。

そして、お楽しみはつきたてのお餅を食べること!あんことダイコンおろしとクルミをいつも用意して親戚と一緒に日向でお茶をしながら食べるお餅は最高です!とくに砂糖入りのクルミはクルミの実から一つ一つ取り出している手作りで人気が高いのです。(もちろんあんこもお手製!、ダイコンおろしの大根も畑から採ってきたものだと思う)

 

img_1444 img_1447

 

毎年30日は、家族、親戚が揃って餅つきをして、鏡餅やお正月のお餅を用意し、その日会社の神棚のお飾りをして鏡餅を備え、一年の感謝を捧げます。31日は家族そろって紅白とゆく年くる年を見て寝て、1日は母の手作りのおせちを頂き、「今年もよろしくお願いします」ときちんと挨拶をして一年をはじめます。

こんなサザエさんみたいな年越しを毎年欠かさず行っていることは、私にとってとてもかけがえなく大切なことです。いつまでも続けられるようにしていきたいと思います。

年末の慌ただしさ

1990年代、11月頃から世の中はクリスマス一色になっていました。まだハロウィンは日本に浸透しておらず、市場はクリスマスに彩られていました。テレビCMでは子供向けのおもちゃ、カップル向けのレストラン、ジュエリー、クリスマスイベントのPRが多く、ラジオはクリスマスミュージックが連日、朝から晩までかかっていました。今思えば、クリスマスに向けて人々の気持ちが高揚していく様が顕著に表れ、どことなく楽しい気分になれたような気がします。時代を反映してるかのようにバブル崩壊後、そんなキラキラした街の雰囲気は少しずつ消えていき、企業もクリスマス戦略に多く費用をかけなくなりました。

印刷業をしている弊社でもその勢いを感じるものがこの時期いろいろとありました。温泉ホテルで芸能人のディナーショーをし、そのチラシやチケットを毎年作っていました。また、金銀のデコレーションが施されたちょっと高級な紙を使ってクリスマスカードを作っていました。年始年末をホテルや旅館で迎える旅行客は毎年多く、そのためのイベントを各ホテル・旅館は盛大に行われていました。そんな華やかな時代を通り過ぎて、今ではディナーショーなどその多くは大きなホテルくらいしかやってないようです。

d5a01529138ad75288224574e280988a_s ccd244e708dae98f0c76b01c7cac068c_s

以前と比べて、華やかな広告を作る機会は少なくなりましたが、それでも年末は慌ただしいものです。受注の内容が変わって、「お客様がこの時期ならではの注文をしてくる」と私は最近考えるようになりました。それは、年末11月後半になると、ある程度お客様は年内業務の目処がたち、普段気になっているけど手を付けられない印刷物に目が止まり、ついつい発注をしてしまう心理になるようで(大変ありがたいことですが・・・)そういう注文に限って「年内に納品」となるものが多いようです。広告物の決済は主に、経営者もしくはその息子や管理職がもっている傾向があります。ですので、年末の忘年会や会合が一通り済むと後は、少し余裕が出てくるようです。こうやって、私たちの年末はとても時間に追われ忙しくなります。

12月もあと残りわずか。体に気を付けて、無事1年が終わりますように!